淋病の原因の詳細情報

淋病とは、淋菌という細菌が性器や咽頭などの粘膜に感染することで起こる性病です。本文は淋病の原因についてご紹介します。

淋菌感染症という名称からもわかるように、淋病の原因となっているのは「淋菌」と呼ばれる菌です。淋菌は乾燥や日光などに弱く空気に触れるとすぐに死んでしまうほど弱い菌なので、主に性行為で陰部や喉の粘膜が直接触れ合うことで感染します。

男性が淋病に感染したことによって、その性交渉の相手の女性が淋病に感染していることを自覚するというケースもあるため、定期的な検査は非常に重要です。

また、粘膜感染のため、性器を中心として症状があらわれるというのがメインですが、オーラルセックスなどによって咽頭へ感染する可能性もあるという淋病の原因なります。

淋病の原因として男性は感染から発症までの期間が短く発見しやすいこと、また若者がセックスで一番気にしている事は性病ではなく妊娠であり、低用量ピルの発売やセックスの多様化(素マタ、フェラチオ、アナルセックスなど)などでコンドームを使用しない事が原因として考えられているのです。またクラミジア感染症など、他の性病との重複感染も問題となっています。

性行為以外での感染の可能性としては女性の場合はトイレの便器や公衆浴場での椅子に直前に座っていた女性が感染していてその分泌物が着いていた場合などが考えれます。また、医原性感染として一部の産婦人科医で内診時に素手で行うため患者から患者への感染も稀に認めます。