淋病の症状ご紹介

淋病は人々にとっては、非常に大変な性病です。淋病の症状もいろいろあります。性別によって、淋病の症状が違います。本文は女性と男性の淋病の症状をご紹介します。

女性の淋病の症状では、黄色から緑白色の膿のようなオリモノとなることがあります。オリモノの量も増えることが多いです。これに対してクラミジアの場合は、オリモノは水っぽくサラサラとしていて量もそれほどは増えません。

また、淋菌が感染した子宮頸管は出血しやすくなるため、少量の不正出血が続くこともあります。他には性行為のときの軽い痛みや下腹部の違和感、軽い生理痛のような痛みがでることもあります。

膣から子宮あたりに炎症をおこします。おりものの増加や悪臭などの変化がありますが、 約80%の女性には自覚症状がないといわれています。 感染を放置しておくと体内に感染が拡大し、子宮外妊娠や不妊の原因となります。

男性の淋病の症状は、尿道に感染することが多くおしっこの際に激しい痛みがあり膿がでます。しかし自覚症状のでないこともあります。治療をせずに放置していると痛みが治まることもありますが菌は体内に残っており これがしだいに広がり体内の生殖器の炎症をおこします。それによって無精子症になることもあります。

治療をせずに放置していると痛みが治まることもありますが菌は体内に残っておりこれがしだいに広がり体内の生殖器の炎症をおこします。発症してから初期の段階で治療を開始してしまえば比較的治しやすい性病なのですが悪化してしまうと前立腺炎、精巣上体炎、副睾丸炎を起こし、慢性化してしまう恐れがあります。