淋病の感染経路と治療ーー重要です!

淋病とは、淋菌の感染による性病です。淋病の潜伏期は1〜7日です。性器粘膜に炎症が起きて、尿道から膿が出てきます。排尿の時に疼痛感・灼熱感があります。本文は淋病の感染経路と淋病の治療についてご紹介します。

淋病の感染経路は主に性行為、または、それに類似した行為といわれています。性行為の変化が見られる昨今に於いては、オーラルセックス(口腔性交)やアナルセックス(肛門性交)でも、感染するといわれています。まれですが、性行為以外の感染経路(共有したタオルなどからの間接感染)もあるといわれています。

分娩時にお母さんが淋菌に感染していると赤ちゃんが産道を通過するときに母子感染を起こし、淋菌性結膜炎を起こしていまいます。この場合2~3日で症状が現れることが多く、放置してしまうと結膜炎や角膜潰瘍など引き起こしてしまうことがあります。これ母子感染も淋病の感染経路の一つです。

淋病の治療法は抗生剤の投与が基本となります。治療期間も1週間から2週間と非常に短い期間で完治を目指せるため、HIVなどのように感染してしまったら、治らないというようなことはありません。

ですから、感染が発覚した場合には、すみやかに治療を行うことが非常に重要になっているのです。

しかし、淋病の治療に役立つ抗生剤については、注意が必要になります。現在では、様々な抗生剤に対する耐性を持つ耐性菌が登場しています。

ですから、抗生剤を購入して淋病治療を行う場合には、淋菌の持つ耐性を考慮する必要があるのです。