淋病とは、どんな病気でしょうか?

淋病とは
淋病とは、正式的に淋菌感染症といい、淋菌の感染によって起こる性感染症の一種です。性感染症は淋病の他には、クラミジア、梅毒、カンジダ、疥癬、ケジラミ、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、トリコモナス、HIV、B型肝炎、子宮頸がんなどの種類があります。日本では、淋病はクラミジア感染に次いで感染率が高い性感染症とされています。淋病の病原菌としての淋菌は人体において尿道、口腔、咽頭、目、肛門、女性では、子宮頸管、子宮、卵管などの場所で棲息しやすいから、性交や性交類似行為によって移ることが多いですが、10代後半から30代の性活動が盛んな若者に多く見られます。

淋病の症状
また、男女と問わず、淋病にかかる可能性がありますけど、女性の場合で自覚症状が少ないことが多い、男性の患者さんの多くには症状が目立ちます。具体的に言えば、男性では淋菌に感染してから、排尿痛と尿道から分泌物が出てくる、また尿道の出口が赤く腫れるなどの症状も現れてきます。

女性が淋病になって自覚症状で最も多いのがオリモノの増加で、とくに生理ではない時に出血することがあります。また、外陰部、尿道、バルトリン腺へ炎症が広がると腫れや強い痛みを感じることもあります。

淋病の原因
淋病の原因というと、淋菌が感染して起こる病気ですが、感染経路について、性行為によって人から人へと感染することがほとんどです。また近年では、性風俗でのオーラルセックスで咽頭から性器への感染、感染者との粘膜同士の接触や、精液、腟分泌液を介して感染することなどの性器以外に感染する例が珍しくないと認められています。更に出産時の母子感染のこともあります。