膣トリコモナス症とはどんな病気?

膣トリコモナス症とはどんな病気?

膣トリコモナス症を起こす原因は、トリコモナス原虫です。肉眼では見分けることのできない原虫が性器内に入り込むことによって炎症を起こします。主に性行為によって感染しますが、タオルなどでも感染の可能性があります。性行為の経験のない女性や子供でも感染することがあるのです。
膣トリコモナス症はどのようにしてうつる?

主に性行為によって感染して、女性の場合は膣トリコモナス原虫が膣や子宮頸管に寄生します。男性の場合は、尿道への感染であれば排尿によって洗い流されることもあります。感染源が原虫のため、性行為以外でもタオル、下着、便器や浴槽などを介して感染する可能性があります。感染者の年齢層が他の性感染症とは違って幅広いのが特徴的です。
どのような症状が現れるの?
男性の場合

尿道からうみがでる
排尿時に軽い痛みがある

尿道への感染だけであれば、排尿によって洗い流されることもあるので、ほとんど症状が出ません。トリコモナスは前立腺や精のうに寄生することが多いので、尿道炎や前立腺炎を起こすこともあります。
女性の場合

おりものの異常(泡状、においが強い、量が増える)
外陰部や膣の強い痒みと痛み

膣だけでなく子宮頸管(子宮の入口の管)、膀胱や尿道へも感染します。しかし感染していても症状が現れない場合が20~50%あるといわれており、治療をしないで放っておくと、炎症が卵管まで進み不妊症、早産や流産を招く可能性もあります。

性行為などによって感染してから、約10日程度の潜伏期間を経て症状が現れます。