淋病の潜伏・原因・再発|淋病のすべてを知り尽くす

淋病の潜伏期間とその後に現れる初期症状
淋菌に感染すると一定の潜伏期間を経て初期症状が現れます。淋病では、どの程度の潜伏期間があり、どのような初期症状が現れるのでしょうか。
淋病の潜伏期間
淋病の原因は淋菌に感染することです。ペニス増大淋菌に感染すると一定の潜伏期間を経て初期症状が現れます。一般的な淋病の潜伏期間は2日~7日程度といわれています。もちろん、多少の誤差はありますが、大抵の場合はこの範囲内に収まります。怪しい性行為を行った後、2日~7日の潜伏期間を経て気になる症状が現れた方は淋病の疑いがあります。淋病ではどのような初期症状が現れるのでしょうか。

淋病の初期症状-男性編
淋病の初期症状は男性と女性で異なります。男性の場合、急性尿道炎の症状が現れることが一般的です。媚薬淋病による急性尿道炎では、焼けるような痛みを伴う排尿痛、尿道から黄緑色の膿がでるなどの症状が現れます。これらが典型的な淋病の初期症状ですが、最近では尿道の違和感、わずかな膿が排出される程度の症状であることもあります。いずれにせよ、2日~7日の潜伏期間を経てこれらの症状が現れた方は注意が必要です。現れた症状が治まった方も、淋病が自然治癒したわけではありません。淋菌は身体の中に潜伏しています。必ず検査を受けるようにしましょう。

淋病の初期症状-女性編
対する女性の初期症状はほとんど現れません。約8割の女性に症状が現れないといわれているほどです。症状が現れる方も、おりものの量が増える、膿のようなおりものが現れる程度です。早漏そのため、初期症状から淋病気気付くことは難しいといわれています。初期症状に乏しい淋病ですが、放置すると不妊症などの原因になります。不安を感じている方は検査を受けたほうが良いでしょう。

淋病は、治療を受けて完治させれば再発はしません。しかし、中途半端に治療をやめると、体内の淋菌に薬剤耐性がついて治療困難になったり、淋菌が勢いを盛り返して症状が悪化することがあります。レビトラまた、淋病は再発しなくても再感染はします。そのため、完治した後は、再感染の予防が大切です。

淋病は完治させれば再発しない
性病の中にはヘルペスのように再発するものもありますが、淋病に関しては、きちんと治療を受けて完治させれば淋病再発することはありません。
しかし、それはあくまでも完治させればの話。
医師から完治と診断される前に、症状がよくなったからといって治療を自己判断で中断したりすると、体内に残っている淋菌が再び勢いを盛り返し、症状を悪化させてしまうことがあります。
また、最近は薬剤耐性を持つ淋菌(治療薬の効かない淋菌)が増えて問題になっていますが、中途半端な治療をしていると体内にいる淋菌に薬剤耐性ができ、 治療に使えるお薬がかなり制限されるといった事態に陥る可能性もあります。

そのため、淋病に感染した場合は治療を受けることはもちろん、治療後の再検査も受けて「完治」と診断されるまで根気強く治療を続けることが大切なのです。

>>シアリスという勃起改善薬は、ED治療薬の中で最も長時間効果が持続できる薬剤です。性行為の時間に対する満足していない方にオススメな一品です。

>>勃起不全ED治療薬の通販サイトへようこそ本店が販売している勃起不全治療薬は全て100%効果保証いたします。勃起不全ED治療薬は性生活を助ける精力剤です。

>>精力剤、ED治療対策正規品個人購入激安通販サイトです。日本で人気な男性用精力剤の効能効果とシアリスなどの世界有名なED治療薬をご紹介しています。